記事一覧

断酒400日をこえても友人から酒の話をされる。

断酒も400日を超えることができて大変嬉しく思っているのですが久しぶりに会う友人などは私が断酒をしていることなど知らないので「まだけっこう飲んでるんですか?」「久しぶりですね飲みにいきましょう。」「飲みすぎてないですか?」「酔っ払ってるんですか?」(ちょっとバカにされている?)等々飲みのお誘いだったり、飲みすぎを心配してくれていたり、(飲みすぎを心配してくれているひとはとても多くそれはそれでありがた...

続きを読む

酒で失うものは全て失った。あとは命だけ。

断酒会に参加して「酒で失うものは全て失った。あとは命だけ。」と話されたかたがおられました。(40歳代後半ぐらいの男の人でした。)その方はスリップと入退院を繰り返しており、その日も退院後まもないと話されていました。仕事、家族(親戚等含む)財産(親から引き継いだ商売もあったそうです。)健康、全て失ったと前の奥さん(お子さんも)は引越しをして携帯も変えられ連絡がつかず、メールも拒否されているのか届かない。...

続きを読む

コンビニでちょい飲み?

テレビを見ていたらコンビニでちょい飲みのニュースをやっていました。 これはミニストップの新業態でちょい飲みに特化したコンビニを展開しているみたいです。イートイン(店で買った食料品をその店内で食べること。)スペースがあるコンビニをもっと発展させて居酒屋とコンビニの間ぐらいになってました。外観や内装はカフェ風でとてもおしゃれだと思いました。...

続きを読む

痴漢にあう? 買い物をしていたら酔っぱらった女の人にお尻を触られました。

先日、スーパーに買い物にいったさい。前かがみで食品を見ていたらだれかにけっこうな圧力でお尻を触られました。びっくりして振り向くとちどりあしで歩き去る女性の背中が(もっとガッツリ触っていただいても良かったのですが) 一瞬痴漢されたのかと思ったのですがただたんに酔っぱらった女性の手(腕?)が私のお尻にあたっただけでした。完全に酔っているようでした。(繁華街から近いスーパーなので酔っている人もいるでしょ...

続きを読む

アルコール依存症になったことで得たものも多い。そして普通の生活の中にこそホントの幸せがある。

よくアルコール依存症は失うものが多すぎる病気だと言われます。そのことは私がかよう断酒会の会長さんも話されることが多いです。 実は椎名林檎大好きなんです。しかし私はアルコール依存症になったからこそ得たものも多いと感じています。断酒会の仲間、アルコール依存症についての知識(まだまだ勉強中ですが)、身体が回復していく過程の喜び等々その中で一番大きく大切に思えるものが「普通の生活の中にこそホントの幸せがあ...

続きを読む

宴会で無茶な飲み方をする人がいない。ふりかえると無茶な飲み方をしていたのは自分だけだった。

先週末の金曜日、異動のからみで送別会がありました。 8人だけという宴会でしたが1次会は串カツ屋で飲み放題2次会はホルモン屋さん3次回はガールズバーでした。私は断酒後はじめて2次会まで参加しました。なんとなく2次会に全員参加という流れになったのですが1次会も2次会もお酒無しでも充分に楽しめました。飲酒欲求は全くありませんでした。...

続きを読む

東京都議選、断酒(小池百合子1月から断酒)で圧勝

東京都議選、小池百合子知事率いる「都民ファーストの会」が49議席、公明党の23人なども含め、小池氏の支持勢力で過半数の79議席を獲得し圧勝しました。 私は1月に小池都知事の断酒宣言の記事(過去記事でもかきましたので良かったら読んでください。)を読み都議選必勝に向けて断酒とてもおもしろいと思いました。そのころ(29年1月)から小池さんが勢いはあったのでもしかしたらとは思っていましたが圧勝とはその時は...

続きを読む

同僚が「酒を辞めるなんて簡単、やめるだけでしょ。」言っていた。

昨日、同僚が「酒を辞めるなんて簡単、やめるだけでしょ。」言っていました。(そんなん言ったらタバコもギャンブルでも辞めるだけじゃねーか、なんて思いましたが) アルコール依存症者の数は諸説あるので何人何パーセントとか言いきれないところはあるのですが成人男性の2%(日本人、ベラルーシ11%というのもありました。)ぐらいかとかりに2%としておきましょう。98%の人は「酒を辞めるなんて簡単、やめるだけでしょ...

続きを読む

アルコール依存症者本人だけでなく家族も異常な状態

断酒会で家族のかたのお話から「主人を人間とも思えない時もあった。」「はやく死んでほしいと思っていた。」「掛け捨ての1億円の保険をかけていた。」(ちょっとびっくりする内容でしたが)等ちょっと精神状態が?どう考えても異常ですねと思うようなコメントを聞くことがあります。これはアルコール依存症者本人だけではなく家族も異常な状態にあったという証拠だと思います。 今思い出せば私が断酒前は家内や子供達もとても感...

続きを読む

ベッドの上にくくりつけられての排泄(尿や便)は屈辱すぎて悲しさを通り越して情けなかった。

...

続きを読む

お酒のない穏やかな普通の生活

断酒会で断酒を何年も時には何十年も続けているアルコール依存症者の家族のかたから「酒害に悩んでいた時はお酒のない普通の生活を送りたかった。今は穏やかでお酒のない普通の生活を送れています。」というようなコメントをよく聞きます。 「お酒のない普通の生活」だけを考えると不自然だと思います。普通の家庭ではお酒があっても普通の生活ではないでしょうかそして普通の人が考える普通の生活には「お酒のない」の部分はない...

続きを読む

ゲロゲロ父さんでした。His father had vomited

よく私は外でベロベロまで飲んで家の玄関で吐いていました。(ゲロゲロとうさんでした。この前書いたオエオエ父さん(私は朝歯を磨く時オエオエ言っていました。)の記事を書いたのですがどちらも最低ですね) 時には家に入る前、玄関の扉の前で吐いていまいした。(とりあえず吐かずに家までは帰ってくるのです。家で吐く、家の玄関の前の時もあるのでなので家まで我慢できていない時もあるのですが、どこか途中で吐けばいいと思...

続きを読む

普通にとらわれることはない。Not normally caught

昨日の夕方、私が買い物行くときに娘が「午後の紅茶買ってきてー普通のやつ」いうので 私は「わかったー」答えたんですがん?ちょっとまて普通の午後の紅茶はストレートティーやんなストレート普通ストレートが普通やんな...

続きを読む

スポンサーリンク

プロフィール

まーとん

Author:まーとん
2016年5月から断酒をしている40代アルコール依存症のまーとんです。
 
16の時バイト先の居酒屋で酒を飲むようになり18で完全に酒をおぼえました。

数々の飲酒による問題行動をおこしながらもなかなか酒をやめることができず40歳の時に断酒をはじめることができました。

これから先も断酒を継続していくことはできるのだろうか?ほんとの幸せはなんだろう?今からでも幸せになれるのだろうか?

ランキングに参加しています。クリックしていただけるとうれしいです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーリンク