記事一覧

村山聖の残した言葉に感銘しました。

人間は悲しみ、苦しむために生まれた。
それが人間の宿命であり、幸せだ。
僕は死んでも、もう一度人間に生まれたい。
original.jpg
なんの為、生きる?
何故、人間は生まれた。
人間は悲しみ、苦しむために生まれたのだろうか

29歳で壮絶な人生を終えた村山聖の言葉にとても感銘をうけました。
たまたまネットサーフィンをしていてみつけたのですが

この村山聖の言葉の中に人生があると思いました。

特別なことをしたいわけではないのに日々の暮らしの中で悲しみ苦しみもがきながら生きているのか?
ふりかえるととても不思議に思います。

アルコール依存症の人だけではなく
とても多くのひとが苦しみもがきながら生きていると思います。

人生はなかなかおもいどおりになりませんね
私もいつも悩んでいます。

映画まだみてませんが近日中にみたいと思います。
コメントいただけるとうれしいです。
気軽にコメントください。

コメント

みんな「苦しい」?

おはようございます😃
凡ふは仏教のご縁がきっかけでお酒をやめました。で、この2年半熱心にお寺に通っています。
仏教では「苦しみ」って「思い通りにいかないこと」を意味するそうです。
で、四苦八苦の四つは「生 病 老 死」これは誰でも「思い通りにいかない」事。思い通りにいかないのに「執着」する。アルコール依存症は数ある「病」の一つではないのでしょうか?
これも本当に一人一人病状が違うみたいで私はsirahu lifeを大いに楽しんでいます。

おはようございます。

凡ふさんコメントありがとうございます。

はっとしました。

なるほど
四苦八苦のの四つは「生 病 老 死」
アルコール依存症という「病」により思い通りにいかないのに執着している。

私も完全に酒が抜けていない。
アルコール依存症にまだ振り回されているということですね

「私にもsirahu lifeが訪れる日がくる。」そう信じて断酒を続けたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

まーとん

Author:まーとん
2016年5月から断酒をしている40代アルコール依存症のまーとんです。
 
16の時バイト先の居酒屋で酒を飲むようになり18で完全に酒をおぼえました。

数々の飲酒による問題行動をおこしながらもなかなか酒をやめることができず40歳の時に断酒をはじめることができました。

これから先も断酒を継続していくことはできるのだろうか?ほんとの幸せはなんだろう?今からでも幸せになれるのだろうか?

ランキングに参加しています。クリックしていただけるとうれしいです。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーリンク