記事一覧

アルコール依存症だと認めながらも辞められなかった。

私は断酒前一口飲みはじめたら飲酒量を全くコントロールできないことに気がついていました。
これは過去の記事「お酒をコントロールできないことに気がつくことができた。」でも書いたのですがほんとうにどんなに自分の中の優先順位が高いできごと(大事な仕事、約束、家族の大切なイベントなど)があっても一口飲みはじめてしまったら記憶がなくなるぐらい飲んでしまいすっぽかしてしまったり、職場で完全に二日酔いで出勤してしまったりしていました。

imagesC9Q6PBE1.jpg

そんなことを何度も何度も繰り返していたので自分がお酒をコントロールできないことに完全に気がついていました。
そしてアルコール依存症であることも自覚していました。
自分がアルコール依存症だと認知しながらも断酒をはじめるまでに数年かかりました。


アルコールの力はほんとにすごい。
でもこんな私でも断酒することができています。
断酒は誰でも必ずできると思います。
断酒をする力は誰でももっています。


コメントいただけるとうれしいです。
気軽にコメントください。

コメント

わかっちゃいるけど

やめられない病気です。

まずは、そういう病気だと知ることが大事ですね。 ^^

こめんとありがとうございます。

コメントありがとうございます。
わかっちゃいるけど
わかっていなかったのか
その時は絶対に辞められないと思い込んでいただけなのかもしれないです。

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

まーとん

Author:まーとん
2016年5月から断酒をしている40代アルコール依存症のまーとんです。
 
16の時バイト先の居酒屋で酒を飲むようになり18で完全に酒をおぼえました。

数々の飲酒による問題行動をおこしながらもなかなか酒をやめることができず40歳の時に断酒をはじめることができました。

これから先も断酒を継続していくことはできるのだろうか?ほんとの幸せはなんだろう?今からでも幸せになれるのだろうか?

ランキングに参加しています。クリックしていただけるとうれしいです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーリンク