記事一覧

日本人の約44%はアルコール依存症になる率は極めて低い。

日本人の約44%はアルコール依存症になる率は極めて低い。

これは日本人の約44%は、アルコールを飲むと顔が赤くなって苦しくなるタイプの人でありアルコールの代謝過程でできるアセトアルデヒドという物質の酸化能力が弱い。

141217_moe-yoikata-smile2_201706201937478e7.jpg

このような人がアルコール依存症になる率は極めて低いそうです。
これはこれでとてもうらやましいと思いました。
私が酒浸りだった頃は「飲めないなんて人生損してる。」よく聞く話ですがこれを本気で思っていました。


まさか自分が酒を全く飲まなくなり「飲めない人はアルコール依存症にほとんどならないなんてうらやましい。」なんて思う日がくるとは人生は思い通りにはいかないことばかりです。


コメントいただけるとうれしいです。
気軽にコメントください。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

まーとん

Author:まーとん
2016年5月から断酒をしている40代アルコール依存症のまーとんです。
 
16の時バイト先の居酒屋で酒を飲むようになり18で完全に酒をおぼえました。

数々の飲酒による問題行動をおこしながらもなかなか酒をやめることができず40歳の時に断酒をはじめることができました。

これから先も断酒を継続していくことはできるのだろうか?ほんとの幸せはなんだろう?今からでも幸せになれるのだろうか?

ランキングに参加しています。クリックしていただけるとうれしいです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーリンク