FC2ブログ

記事一覧

救急車、パトカー、レスキューがくると近所の人はみんな自分やと思う。

断酒会でよく聞く話に「救急車、パトカー、レスキューがくると近所の人はみんな自分やと思う。」というのがあります。
これは、過去の数々の飲酒によるトラブルにより救急車、パトカー、レスキューがきた際に自分ではなくても近所の人がみんなまたアルコール依存症のあの人のところにきたか?と思うというのです。
imagesEZTGI6VU.jpg
この話はアルコール依存症患者の被害妄想の部分もあるかもしれません。


しかしかなりアルコール依存症あるあるだと思います。
私自身も近所の人にそう思われていると思います。
考えるにかなり重症な状態です。
本人だけではなく家族も大変辛い。
断酒を続けるだけではだめで断酒の近いにあるように自分を改革する努力をして新しい人生を創り、家族はもとより迷惑をかけた人たちに償いをしなければいけないと心の底から思います。


コメントいただけるとうれしいです。
気軽にコメントください。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

まーとん

Author:まーとん
2016年より断酒をしている40代男性のまーとんです。16歳の時バイト先の居酒屋で酒を飲むようになり18歳で完全に酒をおぼえました。数々の飲酒によるトラブルをおこしながら35歳の時にアルコール依存症で半年間入院しました。

それでも酒を辞めることができなかった。

毎日、酒を浴びるほど飲み辛くて辛くて仕方なかった。身体的にも精神的にもとても辛かった。完全に酒に支配された日々を送っていました。そんな40歳の時に断酒会にたどり着きました。わらをもつかむ思いで近くの断酒会に電話しました。その時断酒会の会長さんから優しい声で「大丈夫ですか?とりあえず一回断酒会にきてください。」とのことでした。私は「酒を辞める気もない。なぜ酒を辞められるのか?辞められる訳がない。」不安やこわさもありましたがおそるおそる例会に出席しました。(その時はもう断酒会しかたよれる場所がなかった。)

例会にはじめて出席したその日からピタリと酒を辞め断酒を続けています。

何故断酒を続けていられているのか?今でも私にはわからない。奇跡が起こったのか?(断酒会にたどり着けたのは奇跡でした。)

酒害者(アルコール依存症者本人)、酒害に悩む人達(家族や親戚の人達等)ははやく自助会(断酒会やAA等)のドアをたたいてほしい。そしてアルコールに支配された人生から酒のない豊かで充実したほんとうの人生を取り戻して欲しい。
私は心の奥底からそう願っています。

参加しています。押してもらえるとうれしいです。

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーリンク