記事一覧

アルコール依存症の根本治療は断酒しかないと思うのですが節酒外来(減酒外来)はとてもいいこころみだと思います。

節酒外来(減酒外来)というものがあります。

hqdefault_20170724002334df3.jpg

諸説ありますが「退院したアルコール依存症患者の死亡者の割合」を見た場合、節酒と飲酒ではどちらも約29%で割合に差がない。(断酒は8.0%)依存症者の平均寿命は52.3歳

このことからアルコール依存症になってしまった場合、断酒しなければ節酒しようが普通に飲み続けた人と死亡率は変わらないと言えます。


一見して節酒外来(減酒外来)に行っても無駄のように思いますが、調べてみたらそんなことはないのです。

過去のアルコール治療は「底つき」を待つ傾向がありました。(「本人がアルコールで徹底的に痛い目に会わないと飲酒をやめない」という考え方です。)
節酒外来はお酒の深みにはまらないうちにアルコールの害について学んだり、お酒の量や回数をチェックしたりして「底つき」を「底上げ」することを目的としているのです。


私は断酒していないアルコール依存症者がどうやったら断酒という選択をしてくれるようになるのだろうと思っていました。
でも答えがありませんでした。
しかし節酒外来(減酒外来)をすすめるのはとてもいいのではと思います。

「少し飲みすぎの傾向にあるから今は節酒外来(減酒外来)ちょっといってみたら?」
本人も行きやすいし家族もすすめやすいのではないでしょうか

なにが正解かはわからないですが
節酒外来(減酒外来)いいんじゃないでしょうか

コメントいただけるとうれしいです。
気軽にコメントください。


コメント

暑いですネ!(^^)

まーとんさん、お変わりないですか。
久しぶりに、遊びにきました!

>依存症者の平均寿命は52.3歳
あ、私死んでる(笑)

飲まずに、過ごせています。
今までの、再飲酒ラインの3か月が近づいてくることを考えると
ちょっと正直、怖いですが、頑張らねばと思っています。

毎日暑いですね。
正直、冷たいビールを飲んで、美味しい~!(≧▽≦)
…と思ったことを思い出す瞬間もあるのですが、
かつてのように、無意識に缶を開けるようなこともなく、
何とか、飲まずに過ごせています。

暑いー!

まーとんさん、ちょっとご無沙汰です٩(๑❛ᴗ❛๑)۶
本当に毎日暑いですねー!

節酒外来というのがあるんですね_φ(・_・

確かに、アルコールに問題を抱える人が一歩踏み出すのに'節酒外来'ならハードルが低そうですごく良いと思います。
アルコール依存症の人は節酒外来ではまず上手くいかないから、自分の病気を認める近道となってくれそうですね。
底上げ、大事だと思います。

また遊びに来ますね〜(^-^)/

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

プロフィール

まーとん

Author:まーとん
2016年5月から断酒をしている40代アルコール依存症のまーとんです。
 
16の時バイト先の居酒屋で酒を飲むようになり18で完全に酒をおぼえました。

数々の飲酒による問題行動をおこしながらもなかなか酒をやめることができず40歳の時に断酒をはじめることができました。

これから先も断酒を継続していくことはできるのだろうか?ほんとの幸せはなんだろう?今からでも幸せになれるのだろうか?

ランキングに参加しています。クリックしていただけるとうれしいです。

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

スポンサーリンク