記事一覧

入院しても自分より重症である人と比較して自分がアルコール依存症であることを認めていなかった。

私はアルコール依存症で入院していたのですがそれでもなお自分はアルコール依存症ではないと思っていました。 (イアンソープもアルコール依存症だったんですね。私は子供の頃に水泳をしていたのでイアンソープの人間離れした偉業はスーパーマンとも思えました。)入院しているにもかかわらずほかの患者さんをみて「あの人は本物のアルコール依存症で自分とは違うあんな風にはなりたくない。自分は場違いなところにいる。」と本気...

続きを読む

日本人の約44%はアルコール依存症になる率は極めて低い。

日本人の約44%はアルコール依存症になる率は極めて低い。これは日本人の約44%は、アルコールを飲むと顔が赤くなって苦しくなるタイプの人でありアルコールの代謝過程でできるアセトアルデヒドという物質の酸化能力が弱い。 このような人がアルコール依存症になる率は極めて低いそうです。これはこれでとてもうらやましいと思いました。私が酒浸りだった頃は「飲めないなんて人生損してる。」よく聞く話ですがこれを本気で思...

続きを読む

アルコール依存症患者の世間の目はきびしいですが自分はアルコール依存症だと公表しています。

アルコール依存症患者に対する世間の目はとてもきびしいと思います。 (やっぱブラットピットめちゃかっこいいですね、性別とアルコール依存症であることは自分と同じ。性別だけかと思っていましたが)ですが私はアルコール依存症であることを隠さないようにしています。積極的にはなすことはないと思うのですが飲みに誘われたりした時や上司が変わって面接などあった時など必要と思ったときは自分がアルコール依存症で今現在断酒...

続きを読む

ビールがじわじわと値上げしている。6月からは安売り規制でさらに値上げされる。

ニュースをみていたらビールがじわじわと値をあげているみたいです。6月から「改正酒税法」が施行され、さらなる値上げされる見込みとありました。私は断酒中なのに「え~」って思ってしまいました。いやいやおかしいずっと断酒するのだから値上げしようが値下げしようが・・・個人的には再飲酒しにくくなっていいのでは?...

続きを読む

アマゾンプライムビデオでフライトゲームというのを見ました。

アマゾンプライムビデオでフライトゲームというのを見ました。 暇つぶし程度でとくにあまり期待していなかったのですがいい意味で期待を裏切られとてもおもしろかったです。主人公であるアルコール依存症の航空保安官がみんなを救うため奮闘するのですが、アルコール依存症であるためいまいち信用されない描写がとても世知辛く感じました。みていて私自身も悔しく感じました。「フライトゲーム」アルコール依存症の方にはぜひ見て...

続きを読む

今度飲んだら離婚

断酒会でよく聞く話に「今度飲んだら離婚」もしくは「離婚届を何回書いた。」等アルコール依存症あるあるだと思います。酒害により実際に離婚されているかたもたくさんいます。アルコール依存症と離婚とは切っても切り離せない関係にあると思います。 私も家内から「次はない。今度飲んだら離婚」と言われたことがあります。...

続きを読む

寝ている時にたびたび尿失禁や便失禁をしてしまうのはかなりの重症、それでも尻拭いしない?とても難しい判断だと思います。

アルコール依存症ではなくても飲酒して就寝し失禁してしまったという経験をした人はいると思います。 アルコール依存症の人では確率は高くなると思いますが毎回というわけではなくまれにあるかないかぐらいだと思います。アルコール依存症が進行してくるとたびたび尿失禁、便失禁をしてしまう状態になってしまうみたいです。これはかなり重症な状態でアルコールにより脳が委縮してしまっていることによりおこるということです。よ...

続きを読む

救急車、パトカー、レスキューがくると近所の人はみんな自分やと思う。

断酒会でよく聞く話に「救急車、パトカー、レスキューがくると近所の人はみんな自分やと思う。」というのがあります。これは、過去の数々の飲酒によるトラブルにより救急車、パトカー、レスキューがきた際に自分ではなくても近所の人がみんなまたアルコール依存症のあの人のところにきたか?と思うというのです。 この話はアルコール依存症患者の被害妄想の部分もあるかもしれません。...

続きを読む

酒を死ぬまで飲むと決めていた。

私は断酒前、酒を死ぬまで飲み続けるつもりでした。 (知ってる人は知っていると思います。リービングラスベガスの主人公はアルコール依存症で酒を死ぬまで飲むときめてもっている財産をお金に換えてラスベガスで飲み続けるのです。なつかしい。)そんな馬鹿なと思う方もいると思うのですがホントにそんな気持ちでした。断酒会の体験談でも「酒を死ぬまで飲むと決めていた。」もしくはそれに近い言葉を耳にします。アルコール依存...

続きを読む

お酒を辞めてとんでもなく攻撃的な時もありました。

断酒をはじめて困っていることでも書いたのですが断酒をはじめて数ヶ月はとても攻撃的でした。 とくに会社では攻撃的で喧嘩上等みたいな感じになってしまっていました。自分では断酒によるイライラだということは気がついていました。でもその時はどうすることもできなかったのです。...

続きを読む

スポンサーリンク

プロフィール

まーとん

Author:まーとん
2016年5月から断酒をしている40代アルコール依存症のまーとんです。
 
16の時バイト先の居酒屋で酒を飲むようになり18で完全に酒をおぼえました。

数々の飲酒による問題行動をおこしながらもなかなか酒をやめることができず40歳の時に断酒をはじめることができました。

これから先も断酒を継続していくことはできるのだろうか?ほんとの幸せはなんだろう?今からでも幸せになれるのだろうか?

ランキングに参加しています。クリックしていただけるとうれしいです。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーリンク