FC2ブログ

記事一覧

尼崎市断酒会一日研修会に行ってきました。

今日は尼崎市断酒会一日研修会に行ってきました。家族のお話、ドクターのお話、本人の体験談等々めちゃ勉強になりました。特に病院のソーシャルワーカーさんのお話でアルコール依存性者本人が回復されても家族のとの関係を回復されていない人が多い、本人が回復して家族関係も回復してこそアルコール依存性からの回復というお話が大変勉強になりました。(会場すぐ近くの桜がとても綺麗でした。)そしてやはり心にしみたのは家族の...

続きを読む

震災のこともおぼえていない酒害者

昨日は震災7年目7年前の3月11日私はアルコール依存性で入院していました。そして病院の中で震災のことを知りました。あまりにも衝撃的な光景で日本国内でおこっていることとは思えませんでした。それから連日連夜、震災の報道だらけだったのをおぼえています。1ヶ月ぐらいは集中的にそのあともかなり報道されていたと思うのです。しかし私のかよう断酒会で震災のことを全くおぼえていないかたがおられます。(普通にテレビは見...

続きを読む

断酒中はみるみる回復していくが再飲酒後あっというまにもとどおり

断酒会入会後、断酒中はみるみる回復して身なりもしっかりしてきてお話も大変前向きになるかたが多いです。そんな時はとても嬉しく思うのです。しかしスリップ後は身なりもかまわなくなりろれつもまわっていない感じになりあっというまにもとどおりになってしまいます。その時点で断酒会にこられなくなるかたが多いのですが(音信不通になったり亡くなられるかたも)また断酒会にきて断酒をはじめる人もいます。再飲酒を何度も繰り...

続きを読む

アルコール依存症者本人だけでなく家族も異常な状態

断酒会で家族のかたのお話から「主人を人間とも思えない時もあった。」「はやく死んでほしいと思っていた。」「掛け捨ての1億円の保険をかけていた。」(ちょっとびっくりする内容でしたが)等ちょっと精神状態が?どう考えても異常ですねと思うようなコメントを聞くことがあります。これはアルコール依存症者本人だけではなく家族も異常な状態にあったという証拠だと思います。 今思い出せば私が断酒前は家内や子供達もとても感...

続きを読む

ベッドの上にくくりつけられての排泄(尿や便)は屈辱すぎて悲しさを通り越して情けなかった。

...

続きを読む

スポンサーリンク

プロフィール

まーとん

Author:まーとん
2016年5月より断酒をしているまーとんといいます。
 
16の時バイト先の居酒屋で酒を飲むようになり18で完全に酒をおぼえました。

数々の飲酒による問題行動をおこしながらもなかなか酒をやめることができず35歳の時にアルコール依存症で入院しました。

酒をなかなか辞めることができませんでしたが40歳の時に断酒をはじめることができました。

これから先も断酒を継続していくことはできるのだろうか?ほんとの幸せはなんだろう?今からでも幸せになれるのだろうか?

参加しています。押してもらえるとうれしいです。

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーリンク