アルコール依存症患者が幸せを考える

アルコール依存症で40代男のまーとんです。2016年5月より断酒をはじめることができました。まず自分が断酒を続けること、そして酒害に悩む全ての人の幸せに寄与したい。

 

Category: 飲み友   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

飲み友について

自宅から歩いて飲みにいくのが夢の一つだったわたしは、文字通り自宅から歩いて飲みに行っていました。友達もたくさんできました。飲みにいくだけのつきあいではなくツーリングやサウナに行ったり時にはお仕事をお手伝いしたりしていました。



断酒するにあたり飲み友との付き合いをどうしようか?ネットで調べたりいろいろと考えましたがほとんど付き合いをしなくなりました。

理由は再飲酒をしないために可能な限りアルコールに近づきたくないと思ったからです。

飲みに行こうと誘われたりもしましたが断酒していること等を説明しお誘いを断り続けると誘われなくなりました。飲み以外のことも自然と誘われなくなりほとんどつきあいがなくなりました。

家族いがいとのつきあいでは休みの日はほとんど飲み友といたので(ほとんど飲みにいっていたので)最初の頃はさびしくも感じていましたがだんだんと家族との関わりが増えいまではつきあいを辞めてほんとに良かったと思います。


断酒を継続するためには飲み友との関係は絶ったほうがいいと私は思います。

コメントもらえるとうれしいです。

気軽にコメントください。





04 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

まーとん

Author:まーとん
2016年5月から断酒をしている40代アルコール依存症のまーとんです。
 
16の時バイト先の居酒屋で酒を飲むようになり18で完全に酒をおぼえました。

数々の飲酒による問題行動をおこしながらもなかなか酒をやめることができず40歳の時に断酒をはじめることができました。

これから先も断酒を継続していくことはできるのだろうか?ほんとの幸せはなんだろう?今からでも幸せになれるのだろうか?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

Archive

RSS