アルコール依存症患者が幸せを考える

アルコール依存症で40代男のまーとんです。2016年5月より断酒をはじめることができました。まず自分が断酒を続けること、そして酒害に悩む全ての人の幸せに寄与したい。

 

Category: アルコールをコントロールできない   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

時間、体力、お金(財布の中身全部そして借金までしていた。)も使って身体も悪くなる。とても無駄なことをしていた。

断酒生活も日常というか断酒していることさえ忘れそうな日々を送っています。

飲酒欲求はほぼほぼなくなってきました。

前も書いたのですが断酒をはじめてお金を使わなくなり金銭面がかなり楽になりました。

そのおかげでとても精神的に楽になりました。

そして今は身体もだいぶ回復し精神的にも身体的にもほんとうに楽になりました。

よくよく考えると断酒前はお金だけではなく時間、体力すべてを使って身体まで悪くしていたということに気がつきます。

ふりかえるととても無駄なことをしていた。

でも思い出すとその時は無駄なんて思ってもいなかった。

朝二日酔いで目が覚めて途中から覚えていない。

財布を確認するのがとても嫌だったんです。

そしておそるそそる確認すると

財布がすっからかんなんです。

またかまたいなの連続

時間、体力、お金を相当に使って

身体もどんどん悪くなっていく

お酒を全くコントロールできていなかったことに気がついていたのに

辛くてお酒をやめれたらどんなに楽かと思ったことも何度もあるのに

それなのに全くお酒をやめれるとは思っていなかった。

それどころか一生飲む、死ぬまで飲むと思っていました。

お酒の力はとてつもなく強く

断酒を継続することしか人間にはあらがうことができない。

断酒を継続することも自分一人の力ではできないのではないか?

それを今は心の底から思います。

今たまたま断酒できていることが奇跡に思えます。

気軽にコメントください。

無題rqr



Category: アルコールをコントロールできない   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

お酒をコントロールできないことに気がつくことができた。

お酒を自分ではどうしてもコントロールできないと気がついたのは37歳か38歳ごろです。

娘や息子の誕生日会やをすっぽかしてしまったり、次の日大事な仕事なのに二日酔いのまま出勤してしまったりと自分の中で優先順位が高く楽しみだったことや重要なことがあるにもかかわらず一口お酒を飲むと適量でとめることができなくなっていました。

何度も後悔しやっと自分ではお酒を絶対にコントロールできないことに気がつきました。

それでもお酒をやめることもできないと思っていました。コントロールできないお酒を辞めたいけど辞められるわけがないと思っていました。

そして悩みもがき苦しみながら40歳でやっと辞めることができました。


コントロールできないと自覚しながらもお酒を辞めることができず数年飲んでしまいました。

ただそれでもアルコールをコントロールできないことに気がつくことができたのは幸運だったと思います。

コメントもらえるとうれしいです。

気軽にコメントください。





04 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

まーとん

Author:まーとん
2016年5月から断酒をしている40代アルコール依存症のまーとんです。
 
16の時バイト先の居酒屋で酒を飲むようになり18で完全に酒をおぼえました。

数々の飲酒による問題行動をおこしながらもなかなか酒をやめることができず40歳の時に断酒をはじめることができました。

これから先も断酒を継続していくことはできるのだろうか?ほんとの幸せはなんだろう?今からでも幸せになれるのだろうか?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

Archive

RSS