アルコール依存症患者が幸せを考える

アルコール依存症で40代男のまーとんです。2016年5月より断酒をはじめることができました。まず自分が断酒を続けること、そして酒害に悩む全ての人の幸せに寄与したい。

 

Category: 再飲酒(スリップ)防止   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

何年たってもアル中はアル中~In Al even after many years in the Al~

私は断酒前、アルコール依存症が一生直らない病気であるということをなかなか理解できませんでした。

断酒11カ月の今でも頭ではわかっているつもりでも心の奥底には「11カ月も我慢できているのだからもしかしたらアルコール依存症ではなかったのではないか?」なんていう考えが頭をよぎってしまいます。

どう調べても一度アルコール依存症になると一生治ることはない。

何年たってもアル中はアル中

みたいです。

何度も確認しても

アルコール依存症になってしまったら一生断酒し続けるしかない完治はない。

という答えにたどり着きます。

うまいこと書いてあったのが「たくわんは大根にもどることがない。」と書いてありました。

アルコール依存症患者は大根からたくわんになってしまったようなもので、たくわんは大根には戻りようがないということです。

また断酒会等の体験談で再飲酒の話をよく聞きます。

中には数年、もしくは10年以上断酒していた人が再飲酒(スリップ)してしまい、断酒前の状態どころかより悪くなってしまうというような内容がほとんどなのです。

こうしたお話を聞くたびに「私はたくわんになってしまったんだな、何年たってもアル中はアル中で断酒を続けるしかないだな」と思うのです。

今日1日断酒をして人間らしい時間を過ごしたいと思います。

気軽にコメントください。

images0EKU554D.jpg


Category: 近 況   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

隣の同僚がめちゃ酒臭かった。迷惑をかけていないつもりだったが自分も相当に迷惑をかけていた。~to cause trouble~

先日、会社で会議があり隣に座った隠れアルコール依存症ではないかと疑っている同僚がものすごくお酒臭かったんです。
同僚は何事もないような涼しい顔をしていました。
1時間ほどの会議でした。
43roqkr3qjkrfa;k
最初はちょっと鼻につく感じでしたがだんだんと酒臭いのが辛くなり終わるころには苦しすぎんて吐きそうでした。
fdsafafafa.jpg
今は私自身が断酒をしていることもありアルコール臭に敏感なところもありますがそれにしてもあまりに酒臭かったです。
そしてたびたび朝から酒臭い同僚にたいして周りは「またか」みたいな感じで慣れてしまいそのことに対して直接注意しない状態になってしまっています。
本人はしれっと涼しい顔です。
でもこれは断酒前の自分に見えてしかたがないのです。
私もしょっちゅう二日酔いで出勤していました。
自分でも酒臭いと思いながらも何食わぬ顔で仕事をしていました。
仕事できてるんだからいいじゃない。ぐらいしか思っていなかったのです。
今思えば完全に間違っていました。
相当に迷惑をかけていたのに周りが許してくれていた?いやあきらめられていたと思います。
そして仕事ができていると思っていたけれど隠れアルコール依存症であろうその同僚の行動は奇行と思えることも多々あり「あいつ変な行動や発言がちょっと多くなってきたな」と社内で噂されています。
私も同じような状態だったと思います。
穴があったらはいりたいなんともはずかしい気持ちになりますが今のこの職場から逃げるという選択は今はないのです。
つらくても断酒を続け前向きにがんばるしかないのです。

コメントいただけるとうれしいです。
気軽にコメントください。

Category: 断酒会   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

断酒で人生が劇的に変わる。

私は断酒会に1年弱ほど参加しています。

同じ断酒会のかたで私よりも後に入会したかたが何人かいます。

その中の一人が数カ月で心身ともに劇的に変わりました。

ほとんど別人と言っていいほどです。

服装も発言も動きそのものも全く変わってしまいほんとに同じ人なのかな?と思ってしまうほどです。

まさに断酒で人生が劇的に変わる。

と言えると思います。

これがなかなか難しいんですが

気軽にコメントください。

images0TUFTMSM.jpg



Category: 再飲酒(スリップ)防止   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

断酒を継続するために無理しすぎない。Don't go too hard on yourself.

断酒11カ月目に入り断酒を続けるにはどうしたらいいのかな?
といまだによく考えます。
そして断酒を続けるにやはり無理しすぎないことは結構大事なことだなと思います。
日々バランスをとるのが大事というか疲れすぎた時、飲酒欲求があるように思います。
疲れて飲酒欲求があるのにこころとからだに余裕がなく断酒を続けるエネルギーもなくなってしまいそうな感じになってしまうのです。
そんなタイミングでかっこいいお酒のCMなんか見て飲みたいなって思ってしまっています。
なんとか断酒を続けていますが再飲酒におちいるのは紙一重で一寸先にあるように思います。
まさに一寸先に闇がある感じです。
そういう状態になるべくならないよう日々きをつけてこころにもからだにもちょっと余裕がある感じを保つことが大事に思います。
そのほうが断酒はぐっと続けることが楽なように私は思うのです。

コメントいただけるとうれしいです。
気軽にコメントください。

Category: アルコールをコントロールできない   Tags: ---

Response: Comment: 0  Trackback: 0  

時間、体力、お金(財布の中身全部そして借金までしていた。)も使って身体も悪くなる。とても無駄なことをしていた。

断酒生活も日常というか断酒していることさえ忘れそうな日々を送っています。

飲酒欲求はほぼほぼなくなってきました。

前も書いたのですが断酒をはじめてお金を使わなくなり金銭面がかなり楽になりました。

そのおかげでとても精神的に楽になりました。

そして今は身体もだいぶ回復し精神的にも身体的にもほんとうに楽になりました。

よくよく考えると断酒前はお金だけではなく時間、体力すべてを使って身体まで悪くしていたということに気がつきます。

ふりかえるととても無駄なことをしていた。

でも思い出すとその時は無駄なんて思ってもいなかった。

朝二日酔いで目が覚めて途中から覚えていない。

財布を確認するのがとても嫌だったんです。

そしておそるそそる確認すると

財布がすっからかんなんです。

またかまたいなの連続

時間、体力、お金を相当に使って

身体もどんどん悪くなっていく

お酒を全くコントロールできていなかったことに気がついていたのに

辛くてお酒をやめれたらどんなに楽かと思ったことも何度もあるのに

それなのに全くお酒をやめれるとは思っていなかった。

それどころか一生飲む、死ぬまで飲むと思っていました。

お酒の力はとてつもなく強く

断酒を継続することしか人間にはあらがうことができない。

断酒を継続することも自分一人の力ではできないのではないか?

それを今は心の底から思います。

今たまたま断酒できていることが奇跡に思えます。

気軽にコメントください。

無題rqr



Category: 断酒〇カ月(〇年)   Tags: ---

Response: Comment: 4  Trackback: 0  

断酒11カ月目をむかえ、断酒を継続するには

断酒11カ月目をむかえることができました。

振り返るといろいろんなことがあり正直ながく感じました。

断酒前は飲みすぎて記憶がとぎれとぎれで今何時かもわからないような時間旅行の日々だったので少しは脳もまともになり1日1日を大事にすごせているからながく感じたのかな?とも思います。

私はスリップをしたことがなく再飲酒してしまうのではないか?というのが今の悩みです。

そして断酒11カ月目の今の私が考えている断酒を継続する方法(再飲酒しない方法)は

〇 今一瞬を大事にしとにかく1日断酒に集中すること

〇 断酒会に参加すること

の2つです。

浅はかかもしれませんが

今の私はとにかく1日断酒することそして断酒会に参加することが断酒を継続するうえで大事ではないかと考えています。

なぜ断酒会に参加することが大事なのかという私なりの答えは

断酒会に参加すると他のかたの体験談で心をうたれあらためて断酒を継続していこうという気持ちになるからです。

やっぱり断酒を続けていかなければいけないとそういう気持ちになり心のリセットをしてくれるからです。

私は毎日例会どころか近くの断酒会に週1もしくはいけない時もあります。

だいたい月に3回ぐらいだと思います。

しかしながら断酒会は断酒を継続するためには必須だと思っているのです。

AAでも断酒会でもいいと思います。

私はたまたま自宅から歩いて行けるところに断酒会がありわらにもすがる思いで門をたたきました。

そしてその時は断酒をしたいとは思っていましたがそのまま断酒を継続できるとは夢にも思っていなかったのです。

断酒会には大変に感謝しています。

気軽にコメントください。

fa.jpg




Category: アルコール依存症であることを公開する   Tags: ---

Response: Comment: 2  Trackback: 0  

アルコール依存症断であること断酒していることを周りの人に話し公開ておいたほうがいい

私は自分が

アルコール依存症であること

断酒していること

を周りの人に話し公開しています。

断酒をはじめたころは(断酒をはじめて2、3カ月以内)断酒していることアルコール依存症であることを秘密にしていました。

話さなくていいとも思っていました。

得がないと思っていました。

結局、身近な人にはアルコール依存症であること断酒中であることを話すようになりました。

今でははじめて会った人にも話せるようになりました。

アルコール依存症患者であることを知られることは社会的にはとてもマイナスだと私は考えています。

今でもそう思っています。

しかしながら自分がアルコール依存症であることを公開しているほうが断酒は続けやすいと思います。

私の場合は断酒をはじめたころアルコールへの欲求が強く頭の中が「酒、酒、酒」となっている時に、飲みに誘われるのがとても辛かったのでちゃんとお話をして断るようにしました。

アルコール依存症であること断酒中であることを話し続けると自然に飲みに誘われなくなりました。

そして宴会の時にお酒をすすめられることがとても少なくなり飲み友とはほとんど関係がなくなりました。

アルコール依存症患者をよく思っていないひとはほとんどだと思います。

自分もそうでした。

アルコール依存症であることを知られるのはとてもマイナスの部分もあるのですが、周りの人に知ってもらうことで断酒を続けやすくなるというプラスの部分のほうが大きいと思います。

私はアルコール依存症を知れば知るほどもう一生治らない。

断酒を続けるしかない。

と思ったので

アルコール依存症と知られるマイナス < 断酒を続けやすくなるプラス

という選択を選びました。

断酒をはじめてから11カ月

私がアルコール依存症としらずに

私にアルコール依存症患者のことを「アル中」と馬鹿にするような話を何度となく聞いています。

それが現実です。

しかし私がアルコール依存症であることも

アルコール依存症が治らないことも現実なのです。

コメントもらえるとうれしいです。

気軽にコメントください。

images3UVC5BVR.jpg

04 2017 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

まーとん

Author:まーとん
2016年5月から断酒をしている40代アルコール依存症のまーとんです。
 
16の時バイト先の居酒屋で酒を飲むようになり18で完全に酒をおぼえました。

数々の飲酒による問題行動をおこしながらもなかなか酒をやめることができず40歳の時に断酒をはじめることができました。

これから先も断酒を継続していくことはできるのだろうか?ほんとの幸せはなんだろう?今からでも幸せになれるのだろうか?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

Archive

RSS